'; ?> オメガ3不飽和脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸で動脈硬化予防〜アマニ油、エゴマ油などで

オメガ3不飽和脂肪酸とは

脂肪は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

 

飽和脂肪酸とは、室温で固体になってしまうようなバター、ラード、ヘッドなどのような動物系の油です。

 

一方、不飽和脂肪酸とは、オメガ9、オメガ6、オメガ3があり、以下のような油がそれぞれの配合比率が高い油ですが、全て比率が異なるのであって、例えば単独の食物でひとつのオメガ9だけを持ち合わせるというものではありません。

オメガ9不飽和脂肪酸(オレイン酸・一価不飽和脂肪酸): ごま油、オリーブ油
オメガ6不飽和脂肪酸(リノール酸・多価不飽和脂肪酸): コーン油、パーム油、米油、サラダ油など
オメガ3不飽和脂肪酸(αリノレン酸・多価不飽和脂肪酸): エゴマ油アマニ油など

オレイン酸やリノール酸のように、加熱しても酸化しにくい油もありますが、エゴマ油アマニ油などのように熱に弱く、調理にはそのままドレッシングに混ぜたり、ジュースに落としたりするようなものもあります。

 

ところで必須脂肪酸には、有名なリノール酸αリノレン酸の2つの脂肪酸があります。
上記にあるオメガ9のオレイン酸はこれに該当しません。

摂取された必須脂肪酸は、体内で変換されていろいろな作用を持つホルモン様物質に変化していきます。
一方の飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸からは、このような物質は産生されません。

 

リノール酸はγ リノレン酸、アラキドン酸へ、
また、αリノレン酸はエイコサペンタエン酸(EPA )、ドコサヘキサエン酸(DHA )へと代謝されます。

 

そして、 アラキドン酸及びE P A からホルモン様物質がつくられます。

これら2つの系列は相互に行き来することはありませんので、
リノール酸も、αリノレン酸も、食物として摂る必要があります。

しかし、流通するあらゆる加工食品がオメガ6に偏って使用されていること、家庭においてもサラダ油などが推奨された名残で未だにこうした傾向が続いています。

 

今や、オメガ6とオメガ3の理想的な摂取比率は、4対1ともいわれますが、大きく崩れているといわれます。一説によるとアメリカでは20対1だともいわれ、過剰にオメガ6系のコーン油、パーム油、米油、サラダ油などを摂取しているといわれます。

オメガ6過剰摂取の原因

アメリカでの研究成果を受けて1950年以降、リノール酸に悪玉コレステロール値を下げる作用があることが分かり、一気に世界中に広まりました。その後の40年間で日本人のリノール酸の摂取量は3倍以上に増加したといいます。

 

しかし、研究が進むにつれて、リノール酸には善玉コレステロール値を減らしてしまう作用があることが分かりました。しかしすでに、世の中ではリノール酸を使った製品が出回りすぎて、もう収拾がつかない程になっています。

 

特に、対費用の面から外食産業や食品関連事業者は何かにつけてリノール酸を使っていますので、食べたいものをただ食べたいように食べていると、自然とリノール酸の過剰摂取になります。

リノール酸の過剰摂取

調理に使用する食用油

リノール酸の過剰摂取により、様々な症状が起きることが分かっています。
  • アトピー性皮膚炎などの性疾患
  • 心臓疾患
  • 老化やガンの促進

などを、引き起こしてしまいます。

 

特にアトピーについてですが、最近の子供にアトピーが多いのは、妊娠中の母親からのリノール酸の過剰摂取から来る「母体優位の原則」からの赤ちゃんへの栄養素などの反映と出産後の母乳によるものだと言われています。

 

今日では、世の中に出回りすぎていて、リノール酸を排除していくと食べられるものがなくなるくらい、本当に多くの食品にリノール酸が使われています。

 

この為、自分が食べているものがどのようなものであるかをしっかりと知ることで、自ずと選ぶ食品が変わっていくように思います。それが健康への第一歩ではないでしょうか。