'; ?> 便の状態で健康チェック

便の状態による腸内環境チェック

便であなたの腸内環境が分かる〜健康チェック

あなたの腸内環境は細菌が好ましい状態にあるのか、あるいはバランスを欠いた状態かが分かります。
そのチェック方法を以下にご紹介いたします。

医師が解説


ちなみに、女性に大腸がんが急速に増えていますが、その背景には欧米化した食事によって「高タンパク・高脂肪・低食物繊維」の食事を続けていることが指摘されています。

 

つまり、食べたものがちゃんと順調に排泄される為の食物繊維不足と、過剰な脂質やタンパクを摂っている為に腸内環境が悪い状況にある為、太っていて、便も臭い状況にあると考えられます。

 

あなたの食生活は、どのような食事を摂っているでしょうか?この機会にしっかりと見直し、既にガンなどを病気を発症している場合には十分食事のあり方を見直しましょう。

腸内環境が良い人の排便

腸内細菌のバランスが取れている場合には、有益菌が支配する「酸性」となった腸の状態で便がつくられます。こうした状態のときは、以下のような状態となります。

腸内細菌がバランスが取れた状況にある場合:

黄色っぽい茶色、柔らかめで量がある、ほとんど臭わない

つまり、前日の食べ物が、すっきり排泄されている状態です。
このような快便が続いていれば、腸内細菌はバランスよく整っていることになります。

 

食べる物にもよりますが、健康な人の便は1日にバナナ1〜3本程度とされ、水にも浮きます。

腸内環境が悪い人の排便

一方、腸内細菌のバランスが悪く、有害菌であるウォルシュ菌などが繁殖する「アルカリ性」の状態にある腸でつくられた便は、黒っぽい茶色で、かたくて量が少ないといえます。また、臭いも強くて悪臭がします。オナラが臭い方はこういう方です。

 

ちなみに、腸の長さは欧米人に比べて日本人は2mほど長いとされていて、こうした遺伝子レベルの変化がもたらされるのは何百年もかかるとする指摘がありますが、書食の欧米化は急速に進んでまだ数十年しかたっていません。