'; ?> アトピーと油の関係とは

オメガ3・αリノレン酸〜アトピーと油の関係とは

アトピーと油との関係とは

アトピーっ子を持つお母さん

エゴマ油でアトピーが改善されたという例が、ネットなどで報告されています。

 

アトピーや花粉症などのアレルギー疾患の原因には、食生活の変化が大きく関わっているというのは既にお分かりだと思いますが、なぜエゴマ油がアトピーにいいのでしょうか。

 

本来アトピー患者にとって油は「悪者」というイメージがあるかもしれませんが、これには脂肪酸の種類が大きく関係しています。

 

食べ物から摂取しなければならない脂肪酸といわれる必須脂肪酸にはオメガ3不飽和脂肪酸とオメガ6不飽和脂肪酸という2種類がありますが、アトピーの方はオメガ3の油を摂取することが重要だと言われています。

アトピーにいいとされる油

オメガ3には、アトピーなどのアレルギーを抑制するホルモンをつくる働きがあるアルファリノレン酸が含まれており、具体的には下記のような食用油が当てはまります。

また、イワシ、サバ、サンマ、マグロなどの青魚に含まれているオメガ3脂肪酸といわれていて、この脂質もアトピーの改善に有効です。


アトピーに悪いとされる油

食用オイルで料理

オメガ3系脂肪酸に対して、一方のオメガ6系脂肪酸は、むしろアトピーを悪化させる原因となるリノール酸が多く含まれているといわれ、下記の食用油がこれに当たります。

  • べに花油
  • ひまわり油(サンフラワー油)
  • コーン油
  • なたね油
  • 大豆油

これらのオメガ6系の食物油は、価格が安く市場に多く出回っています。
近くのスーパーなどで手軽に購入できるため身近な食用油と言えますね。

 

それに比べ、オメガ3系の油は、スーパーなどの身近な店舗での取扱い点数や種類が非常に少なく、多くはネットなどで購入しているようです。価格もちょっと高めになっていますので、そういった点でも普及しにくくなっているのだと思います。

 

ちなみに、エゴマ油を摂取したからといっていきなりアトピーが良くなるわけではありません。
普段から肉類より魚類を食べるようにするなど食生活をきちんと管理し、それを継続することが大事です。


赤ちゃんアトピー、乳児を持つお母さんへ

アトピーっ子を持つお母さん

出産に際しては、母体優位の原則が働きます。つまり、まずは出産に際して母体を守るために、母親のもつ体の害毒はお腹の赤ちゃんにいってしまいます。

 

その結果、赤ちゃんははじめから一定のアレルギー因子を持ち合わせることになってしまいます。母親が食べる物に気を使い必要があるのは、こうした点から非常に重要です。

 

出産後も、赤ちゃんは通常母乳を飲むことになります。一般的な粉ミルクも出回っていますが、栄養面から母乳に勝るものはありません。
ちなみに、これらの粉ミルクはリノール酸含有率が18%以上と、母乳よりも高いといわれます。こうした点からすると、母乳が出ない方は別ですが、なるべく母乳で育ててあげてることをお勧めします。

 

なお、最近は、αリノレン酸を増やして、リノール酸を減らすなどバランスを考えている粉ミルクもあります。
電話などで必ず成分を確かめるなど、赤ちゃんが困らないように選んで下さい。

 

しかしながら、日本での母乳に含まれる脂質中のリノール酸含有率を見てしましょう。

日本…13%、ドイツ…9%、オーストラリア…8%、スウェーデン…8%

と日本のお母さんの母乳リノール酸含有率は、非常に高くなっていることがお分かり頂けると思います。

 

リノール酸が全て悪だというわけではありません。
過剰摂取になっている人が非常に多いということですから、個人差があるのは当然です。
自分のことは、自分しか分かりません。

 

補足ながら、2013年11月にアメリカではトランス脂肪酸の使用が全面禁止となる見込みとなったようです。アトピーのあるなしに関わらず、トランス脂肪酸の仲間に入るマーガリンやショートニングなどが入る食品などことを極力控えることが賢明です。


トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸は、マーガリンや触感を良くする効果があるショートニング、ファーストスプレッドなどの水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。

 

トランス脂肪酸は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させることから、動脈硬化をはじめ、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊などと共に、アレルギーやアトピーなどへの悪影響が報告されています。

 

日本では、これまで一般的な食生活においては、トランス脂肪酸の摂取過剰によるリスクを心配する必要はないとする見解が強く、この為アメリカやドイツなどのような規制がなされていません。

 

しかし、ここで意図しているような健全な食事をしていない人にとっては、深刻な健康問題になりかねません。実際のところは、健全な食事を定義するのも難しいものですが、私自身が不整脈や高血圧、花粉症などに悩んだ経験から「食が体をつくる」という意識を持つことが改めて大切だと思います。

トランス脂肪酸の過剰摂取が心配される食事例

私の過去の食事事例です。

朝食: ファーストフード、菓子パン、コーヒーフレッシュ
昼食: コンビニなどの冷凍食品を利用した弁当
間食: ショートニングが入ったクッキー、クラッカー、菓子パン
夕食: インスタント・レトルト食品を利用したもの
夜中: アルコール、ポテトチップスなどのおつまみ

かつての私のような食べ方をしている人は要注意です。わたしは逆流性食道炎にもなってしまいました。
いずれにしても、日頃からLDLコレステロール値が標準より高く、アレルギー、アトピーなどで悩んでいる人は、必ず食事内容を見直しましょう。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品

アトピーっ子を持つお母さん

日常的にトランス脂肪酸が多く含まれている食品を摂取しているか、一目で分かります。以下の食品をよく食べる人は、オメガ6やトランス脂肪酸を過剰摂取していると思われます。
オイル系

マーガリン、ピーナッツバター、マヨネーズ、コーヒーフレッシュ

菓子類

ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど

インスタント・レトルト食品

カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューやカレーのルウなど

ファーストフード・ファミリーレストランなど

チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど

冷凍食品系

から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど

 

なお、日本では今日漸く食品事業者による自主的判断で、トランス脂肪酸の含有量が従来よりも少ない食品が販売されていますが、ドイツもアメリカもトランス脂肪酸自体が問題視されています。食品を購入する際、併せてチェックしましょう。