'; ?> アマニ油、エゴマ油、DHA、EPA|オメガ3脂肪酸の効果・効能で動脈硬化予防

オメガ3脂肪酸の効果・効能で動脈硬化予防〜アマニ油、エゴマ油、DHA、EPA

アマニ油、エゴマ油はαリノレン酸豊富

医師の説明

今日、オメガ3不飽和脂肪酸が注目されています。

 

日本でも、食の欧米化が進んでいますが、
このことは「高タンパク・高脂肪・低食物繊維」を意味していて、
腸内環境が著しく悪くなっている状況にあるといわれています。

 

これは、「便の状態で健康チェック」が簡単に行えますので、
自分の腸内環境を調べて下さい。

 

なお、脂肪というといい印象がない人が多いかも知れませんが、生活をしていく上で必要なエネルギーとなっているほか、肌の弾力を保つなどの重要な働きもたくさんしています。

 

これらの点を考えても、食事などで栄養が偏ったり、過剰な摂取は無駄な脂肪をつくり出す要因になります。肥満で悩んでいる人の中性脂肪は、白色脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪ですから、生活習慣病にご注意下さい。


αリノレン酸はオメガ3系不飽和脂肪酸

オメガ3系不飽和脂肪酸のαリノレン酸(アルファリノレンサン)は、どうして重要なのでしょう?
また、いろいろな予防効果があるって、どんな? ほんとに、頭もよくなるの!?

 

最近の研究でわかってきた事は、日本の現代生活ではたいていの人が摂りすぎている同じく必須脂肪酸でオメガ6系脂肪酸であるリノール酸の過剰摂取が、脳梗塞、心筋梗塞、ガン、アレルギー疾患などを促進させるといわれています。

 

これに対して、αリノレン酸は過剰となったリノール酸に対して競合性があるとされています。
つまり、過剰となったオメガ6系脂肪酸を廃棄させる働きがあるといえば分かりやすいでしょうか。

 

このように、オメガ3系脂肪酸には、現代の食事やストレスなどからくる生活習慣病などの疾病を予防し、改善し、しかも脳の働きを良くする、といった効果があることがわかっています。

脂肪酸

α-リノレン酸を摂取する効果

αリノレン酸は必須脂肪酸であり、わたしたちの体にとって必要不可欠な脂質ですが、体内ではつくることができず、この為食事などから摂取する必要があります。

 

このオメガ3系の脂肪酸が持つ重要な働きは、細胞膜の構成成分になるということです。
αリノレン酸にはその他の働きとして、血栓がつくられるのを防いだり、血圧を下げたり、アレルギーを抑制したりと様々な働きを持ちます。

血流改善、血栓予防効果

αリノレン酸は体内に入るとDHAやEPAに変換されます
DHAやEPAは、血液をサラサラにする働きがあることから、動脈硬化や心筋梗塞を防いだり、脳の働きを高めるなどの効果があります。

αリノレン酸とオメガ3脂肪酸を説明する医師

また、体内でDHAに変換されることから、脳細胞を活性化する働きもあります。特に、脳内の細胞膜にはDHAやEPAが必要となるため、αリノレン酸が不足すると脳や神経に異常が現れます。

アレルギーを抑制する効果

リノール酸には、血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に低下させる働きがありますが、その一方で摂りすぎるとアレルギーを悪化させたり、大腸ガンの危険性を高めるなど、体に悪影響も出てきます。

 

αリノレン酸は、リノール酸に対して競合的に働き、アレルギーを抑制する働きを持っています。

老化を防止する効果

人間の体は、約60兆個の細胞からできています。その細胞ひとつひとつの内外を隔てる膜があり、これが「細胞膜」と呼ばれています。細胞膜は、バリア機能も持ち合わせていて、特定の物質の進入を阻止する役割も担っています。この細胞膜があることによって、細胞は内部環境を一定に保つことができます。

 

つまり、細胞膜が人間にとって非常に大切な細胞を守る役割をしているわけです。この細胞膜を構成するのに役立っているαリノレン酸などのオメガ系成分が不足すると、細胞膜がしっかりと構成されなくなり、老化の促進にもつながってしまいます。

うつ症状を軽減する効果

αリノレン酸やDHA、EPAなどのオメガ3系脂肪酸の蓄積量を健常者とうつ病患者で調べたところ、うつ病患者の方が明らかに低かったことが判明しています。このことは、αリノレン酸などのオメガ系脂肪酸を摂取することで、うつ症状を軽減させる効果があるのではないかと考えられています。

 

特に妊産婦は、αリノレン酸やDHA、EPAなどのオメガ3系脂肪酸の枯渇しがちな傾向がみられます。
オメガ3系不飽和脂肪酸が枯渇すると、産後うつ病の危険性に関与する可能性が考えられるため、こうした時期にはいつもに増して特段意識して摂取する必要があります。

その他α-リノレン酸の働き

循環器・呼吸器系: 心血管疾患の初期予防、高血圧抑制
美容系: 皮膚のしわやたるみ予防

α−リノレン酸に含まれるDHAの活躍の謎

α−リノレン酸を構成する脂肪酸には「α−リノレン酸」のほかに、魚由来の「EPA」エイコサペンタエン酸と「DHA」ドコサヘキサエン酸があります。この2つの脂肪酸が大活躍してくれることになります。

 

ちなみに、わたしたちの日常的な食生活で厚生労働省が示しているオメガ3系不飽和脂肪酸の摂取基準値は以下のとおりです。また、必須う脂肪酸であるオメガ3不飽和脂肪酸とオメガ6不飽和脂肪酸の理想とする摂取比率は、オメガ6系脂肪酸が4に対して、オメガ3系脂肪酸が1だとされています。

 

オメガ3系不飽和脂肪酸の食事摂取基準

(厚生労働省2010年日本人の食事摂取基準)

オメガ6系脂肪酸の摂り過ぎにご用心

オメガ6系脂肪酸の摂り過ぎ注意

「オメガ6系脂肪酸の摂りすぎに注意して下さい」としばしば見かけます。でも、一体どこが、どのように問題で、どうすればいいのかというと、理解が広がっていないように思います。

 

まずは、あなたがいつどんな油を摂っているのかを考えてみましょう。私の事例は、外食が圧倒的に多かったことです。

 

外食産業は、利益を出すことが彼らの仕事です。
コスト意識は当然働きます。その際使用される油は、毎日使いますから安い油になります。

  • 食品を揚げても変質しにくいもの
  • 経費の面で安い油
  • 大量に使っても入手しやすいもの

こんなことなどが挙げられます。

 

ご自分のご家庭や日常生活では如何でしょう。コーン油、紅花油(サフラワー油)、ゴマ油、大豆油、綿実油、ひまわり油などが多いでしょうか。更に、これらを混合させてサラダ油と称して売られています。

 

料理や商品などでは、てんぷらやサラダのドレッシングばかりか、これらの油を含んだ加工食品も多いはずです。例えば、

オメガ6が使われている加工食品: マヨネーズ、コロッケ、ポテトチップス、マク○ドナ○ドの揚げ物商品、御菓子類でも多数、など

しかもこれらは開封すると油の参加も同時に始まります。摂取の仕方にも注意が必要です。
開封後は、注意書きに従ってなるべく早めに食べきりましょう。

 

でも、これらの商品は、子どもも大好きなものばかりです。当然、大人も何気に口にします。わたくしはいずれも大好きなものばかりでしたが、不整脈が出始めたあたりから考え始めました。

 

オメガ6系不飽和脂肪酸の食事摂取基準

(厚生労働省2010年日本人の食事摂取基準)